0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2011年09月 】 

アリゾナの砂漠ランドスケープにある消火栓!





家の前庭のコーナーの隅っこに消火栓がありますが、アリゾナでは黄色です。





北東部はこんな感じで赤でとても目立ちましたが、黄色も悪くない感じです。

この北東部の写真は次男が撮った写真で、この赤い消火栓を主役に撮った構図の写真です。

本当はもっと大きな写真ですがカットしました。


消火栓もグリーンの芝に真っ赤な色で何とも素敵で絵になる写真で好きです。

次男は芸術系でアニメーションのクラスもあって、映像などの方も一寸だけ勉強したようです。

その為、かなり構図なども煩いです。


以前、消火栓の写真が好きな人があちこちの消火栓の写真を載せている人のブログを見た事がありますが、さり気ない物に凝る人もいるものです。


この写真から見ると、アリゾナ、砂漠ランドスケープにある消火栓は何となく殺風景そのものです。

でもカメラの撮り方で案外全然違うかもしれません。



これが家の前庭の目立つ所にあると、一寸気になるかもしれません。


消火栓が敷地内にある家は家の保険が少し安くなるというので、一寸だけ得をしている事になります。

それにこれがあると前後5メートルぐらいは駐車禁止なので、変な車が駐車することもないでしょう。



ずっと向こうのブロックの前にある、大きな木には豆のようなものが成ってそれがパラパラと落ちています。

こうやってコーナーの家は良いですが、この道端の端っこの掃除になるとグルっと距離もあって大変になります。

HOAのある地域はきっとその辺の掃除もやってくれるのかもしれません。


庭師に頼むような勿体無い事はしたくないので、涼しくなったら運動のつもりで掃除をしようと思います。

ぱらぱらと落ちる豆の殻のようなものが道路際に溜まってきていて、散歩のたびに気になりだしました。


北東部では、枯れ葉の季節になると枯れ葉を道路に出しておくとトラックで吸い取りにきてくれました。

枯れ葉の季節でなくても、忘れた頃にそうじ車が来ていました。







フィカスがやっと何となく元気に新しい芽が出始めました。

これは北東部でたったの25セントで瀕死の状態でガレージセールで買ったもので、もう長く世話をしていますが、2度霜で駄目にしながら、また芽が出てきてこうやって生き続けてくれています。

一回でも霜に当てると枯れてしまいました。

家の中に入れて、その都度駄目かな?と、思いながら水をあげていると下の方から小さな芽が生えてきてほっとさせてくれました。

本来なら、2メートル以上は大きく成長していたでしょう。

ここアリゾナでは霜に遭うことも無いだろうと思っています。

それにこの場所は軒下なので、冬も外でも大丈夫でしょう。



北東部で採ったマリーゴールドの種が一杯あったので、バラの花壇にまいてみました。

鹿はマリーゴールドは食べません。

香りが強いのは苦手のようで、紫蘇、冥加も一切手をつけませんでした。


これから北東部から持ってきた種のマリーゴールドが楽しめたら良いですが~!


人気ブログランキングへ

【 2011/09/17 】 地域探索 | TB(0) | CM(2)