091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

日本・北東部・イタリア・フランスそしてアリゾナを踏破している娘のお下がりのレザーの靴





アリゾナの暑さを生き抜いてくれた、これも北東部から一緒にやってきたプラントです。

これと似ている、ピンクの花の咲くプラントもありますが、なぜか花はいつのまいにか咲かず葉っぱだけになってしまったのですが、それも2,3芽を出しはじめたので生き延びてくれたようです。

これは夕方になると葉っぱが萎んでしまいます。







朝の散歩は次女に飽きられたお下がりの靴を履いています。

写真を載せるには見苦しいので止めておきます。


大分前に娘から私がはくようになりましたが、偶にジョギングもするので、この靴はとても足が楽です。

最初ゴム草履で散歩をしていましたが、長く歩くとやはり、草履では疲れて、このような履き易い靴が一番です。


3年ぐらい前にイタリア・フランスへ旅行した時も、この靴でした。

日本へも履いて一時帰国を3,4年前にしました。

ぺっちゃんこで平らでレザー製で、とても柔らかくてイタリアの石畳を子供達と一緒に歩き回りました。

石畳のごつごつ感が足裏に伝わってくるので、常に竹踏み?をしている感じもしました。

手入れは偶にオリーブオイルで拭いてあげます。


その時次男も一緒でしたが、この靴が私のお気に入りだと良く覚えていて、NYCへ息子に会いに行った時、もう大分古くなっているにも関わらず、相変わらず履いているので、彼女に「お母さんはこれでイタリアの道も歩いた。。」とか笑いながら喋っていました。

次男は優しいところもあるので、次女が小さい頃は「(次男の名前)と結婚する。。」と可愛い事を言ったものでした。(笑)

アリゾナまで遊びに来てくれそうもない子供というと、この次男かもしれません。

面倒なことが嫌いで、大学の最後の年、就職活動も今住んでいる彼女が背中を押してくれてやっと始めたようです。

そんな次男とスカイプでチャットをすると不思議に直ぐそこにいる感じがします。

仕事上、いつもスカイプに入っている必要があるようで、私も偶に次男とチャットをする事があります。

ボソっとした、どこかとぼけたユーモアもあるので面白いです。



もし、屋根に上って屋根の状態を検査するなら、この靴しかありません。

日本の飛び職人が履くような足袋の靴があればもっと良いかもしれません。







人気ブログランキングへ




女性専用ーSnow Bird になってアリゾナ・ブロックハウスに飛来しませんか!

ご宿泊をご希望される方向けに、思い付いた内容を纏めてみました。


興味ある方、ご遠慮なくサイドバーのメールフォーム・メールボックスからお問い合わせください!

又、コメント欄へお書きになり、管理人だけが読める方法でお尋ねになってくだっても結構です。そのときはメールアドレスをお書き頂くと、メールでご返事します。

宜しくお願いいたします。





【 2011/10/05 】 子ども | TB(0) | CM(0)