0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

夏になると思い出す ・ 今年初めてイチジク

IMG_8540.jpg

今朝、これは熟しているに違いない。。。と判断し今年初めての収穫。

IMG_8545.jpg

カットしてみると、こんな感じで、あれぇ~、早すぎ?

と、思いましたが、とっても美味しかったです!

イチジク植えて良かった~と、思いました。

ここは水不足気味な事もあり、甘味もあって最高でした。

去年はろくに食べる事できず、

その前の年は2個だけ美味しいイチジクで、

さて、今年は今後も期待できるかな??

IMG_8544.jpg

スイカ発見!

隠れるように、右側の方ですが、思いがけなく発見するとついつい嬉しく笑顔がこぼれて来ます。

人工授粉をして忘れている分かもしれませんが、蜂蜜さんがぶんぶんしていると、頑張れ~と応援したくなります。

昨日は一匹だけスイカの辺りで飛んでいるのをみました。

養蜂の人は蜜蜂がとても可愛いらしいですが、その気持ちが分かります。

仕事をしてくれているのと同じですね。

IMG_8546.jpg

今日は初めてのカキ氷は蜂蜜と黒蜜で。

最近は着色料たっぷりのイチゴとかメロンの類は使わなくなりました。

昔はもっぱらイチゴが好きだったんですが。

このカキ氷器も随分長く使っていて、日本に一時帰国したときに買ってきました。

もう、何十年?




夏休み一時帰国の思い出ーー

私の実家の方は兄夫婦や家よりも大きい姪、甥も居て賑やかだったので、家に居ても落ち着かず父母を連れてドライブに出かける事が多かったです。

少し行くと日帰り温泉もあったり、観光地もあり、山へ行くドライブコースがあり、

牧場のアイスクリームは美味しいし、あちこち遊びまわっていました。

日帰り温泉は一時、町おこしか何かで国が補助して建てたらしく、赤字ではないかしら、と思うくらいあります。

3か所ぐらいの日帰り温泉に行きました。

ニジマス放流大会は大人も子供も夢中になりました。

ある年、やっぱりそんな風にドライブに出た時、父が帰りにスーパーに寄ろうとすると寒いので中に入らない、というので、おかしいと思ったら、病気の再発が私達がアメリカに帰ってから病院へ行って検査で分かったようでした。

大きくなると、息子達もだんだん一緒に行きたがらなくなり、一番下だけ連れて日本へ帰り、

その翌年ぐらいから私一人で帰るようになりました。

あのワイワイと賑やかにアチコチ移動した暑い夏はそれほど長く無かったような気がします。

次女を出産した年は、

旦那と息子達で夏、日本へ帰りました。

旦那は普段は日本の会社へ行っていたので、週末落ち合うような感じでした。


義父はハンディカム?で子供達の様子を撮ってくれて、それをテープに入れて持たせてくれました。

今でもあります。

きっと観ると懐かしいでしょうが。

テープデッキが調子が悪くなっていて、見えるかどうか。

ハンディカムは家にもあって撮りましたが、それを再生させるものが壊れてテープはどっさりあるのに観る事が出来ません。

義父は何かの装置があってテープに入れてくれたようです。

何故か夏になると賑いのあの日々を思い出します。


今は御世話になった義父母も実家の両親も他界していません。

不思議な縁に結ばれてこうやって触れ合いがありましたが、これって過去も色んな風に関係があったらしい、という事を言う人がいます。

今、思い出しましたが、次男は義父の弟にそっくりです。

昔の写真を見せられ、古い写真の中に次男がいるではないですか??

不思議ですが、ずっと義父母がそんな話をしていて、写真を見て本当だ!と思ったものでした。

本当によく似てました。



ご訪問ありがとうございました♪


人気ブログランキングへ


Related Entries
【 2014/06/20 】 子ども | TB(0) | CM(3)
ごめんなさ~~い。
帰宅が遅くて、眠ってしまいました。笑
今日は、応援のみで失礼いたします。
【 2014/06/20 】 編集
無花果には子供の頃のおもいでもあります

祖母を思い出します

熟した無花果、、おいしいですよね

いまおもいだしましたが

今年は主人が すいかも 植えていました

ガーデンのなかでなく空き地とのフェンスのところで さあ これからどうなるか たのしみです

この世での出会いは 前世でも出会っていた  とよく聞きますよね

去年であった パットさんとは そんな関係のような気がします

【 2014/06/20 】 編集
イチジクまだ赤くなく早いようですが、もう味はのってきているのですね。
うちにも8ミリなど昔のテープのがありますが、
見る機械がなく、子供のなど昔必死に撮影したのもどこかに行ってしまいました。
応援ぽち。
【 2014/06/20 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL