サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ヘナに被れてその後

rps20150417_080301[1]

遠くから見ると八重桜のようでしたが、近寄ってみるとキョウチクトウの種類でした。


rps20150417_080238[1]

最後の赤色のアマリリス、と裏庭に咲く薔薇、前庭に咲くPlumbago、白色のアマリリスはまだ3本が裏庭で咲くのを待っています。


rps20150417_080153[1]

この真っ赤な完熟トマトは甘くてとても美味しかったです!




ヘナに被れて如何に頭皮が大事か分かりました。

個人差があるでしょうが、もうあれは絶対に2度と手を出しません。

今回、医者が処方をしてくれた時はもう大丈夫そうなので薬も買わずにいました。

しかしその夜、痒くて眠れません。

頭皮から血管に毒?が侵入したらしくて、首から腕にも広がってきたので、

翌日、早速ドラッグストアで買って服用し始めました。

やはり医者の薬は効くのでしょうか。

それとも時期的に治って行く頃だったのか、どうか?昨日はよく眠れました。

最初はタブレットを多めに、それから徐々に減らして行くタイプで数日で終わりになります。


アメリカに来て皮膚トラブルで3回処方して貰う羽目になりましたが、

1回目は注射、飲み薬、塗り薬を処方され、2回目は塗り薬だけ?、3回目はタブレット型の薬です。

2回目が塗り薬だけだったのか?忘れました。

それも全く効く気配が無いので途中でそのまんま。

皮膚に表れると治るまで時間がかかりますが、2回目が一番酷かったような気がします。

一回目は原因がポイズンアイビー、2回目が良く分からず?

3回目はヘナです。

アメリカに来た頃、ポイズンアイビーが良く分からずに居て、

何処か山間の公園で家族と行った時に近くに居たアメリカ人が

草むらにポイズンアイビーが生えているので気を付けて、、と、注意してくれ、それで初めて認識出来ました。

そう言えば毎年、何故か不思議に初夏の頃、少し被れていたのを思い出しました。

実際に酷く被れてからポイズンアイビーに被れやすい体質だと分かりました。

やっぱり、初夏の頃は毒が盛んなのかもしれません。

伸びようとする生命力が一年一番勢いのある時期なので当然でしょう。

もう被れは何が原因であってもこりごり。


Related Entries
【 2015/04/18 】 日々の事 | TB(-) | CM(-)