サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

家の売買は不動産弁護士が頼り!

rps20150517_074014[1]

ズッキーニは以前とは別な苗で、最初なので早めに収穫しました。

アルメニアキュウリも最初なので早めに収穫。

カタローニャはほうれん草代わりになっていて年中元気で有難い野菜です。




前の家の不動産弁護士を誰にするか、いろいろ情報を集めていると、

エージェントの紹介だと2人で結託をして売り手にとって厄介な事もある、と言う話もあったので、是非独自で探そうと思いました。

やっと探した不動産弁護士に電話をすると女性の声の留守番電話でカリブ海へバケーション中だという事でした。

契約が決まると直ぐにその書類に目を通して貰う必要もあり焦っていた時だったのですが、

後で本人から現地から電話がかかってきました。

他に替える事なく、結局その方にお願いしました。

初めてオフィスへ伺った時は一人で仕事をされていて、秘書の人は居ない雰囲気でした。

あの留守番電話の女性のいる様子もありません。

複数回訪れたのですがその都度一人でした。


後で分かった事ですが、頼んでいたエージェントが考えていた弁護士と同じ人でした。

日本人の顧客の経験もある、という弁護士だったので業界のネットワークで直ぐに頭に浮かんだのでしょう。

何と、本人同士、ファーストネームで呼び合う仲だったのです。

それだったら最初からエージェントの紹介で良かったのに~でした。

変に疑ってしまって恥ずかしいような感じでした。


その後予期せぬ件が発生し、それは買い手の弁護士が探し出した事で、

私にとっても寝耳に水の話で慌ててしまいました。

長年住んでいると色んな事が持ち上がるのだそうで、その辺の不備を発見してくれる有能な弁護士を雇う事によって買った後にトラブルのリスクが減る、と言う事が分かります。

それを日本にいる旦那に伝えても本人もすっかり忘れていて、その頃の弁護士を探したり一時はどうなってしまうか、とても不安でした。

結局、当時の弁護士がしなくてはいけない業務をしなかったために起こったうっかりミスでした。

細かいその件に関する雑務も不動産弁護士がせっせとこなしてくれ無事に解決をしました。

その後、又別の件が発生し、それも不動産弁護士が解決をしてくれました。

普通と違って2度も余計な業務が加わってしまったので、その分弁護士手数料も上がると思っていましたが、それ程でも無くホッとしました。


クロージングの日、買い手の弁護士のオフィスに行くと、こちら側の弁護士のオフィスとは全く違った派手さが一目瞭然で秘書からアシスタントも数人いるような感じでした。

買い手は建築業者だったそうで、買った家を取り壊して新に豪邸を建築する計画だったのだそうです。

最初からエージェントもこんな買い手が現れる事が予想出来たのでしょう。

なので「家は何もする必要ない、このままで売れるから」、、と最初から言いきっていました。

その買い手が現れるまで数件の契約を交わしましたが。

最後の買い手はより値を上乗せしてくれたので、それ以上の価格を申し出る買い手は現れませんでした。


オフィスは地味でも良心的な料金で仕事をしてくれたあの弁護士に感謝をしています。



あれだけ家を売る時に頼っていた不動産弁護士だったので、今度、ここで家を買う場合、いない状態がどれだけ不安だったか経験した人なら想像付くだろうと思います。




Related Entries
【 2015/05/18 】 北東部 | TB(-) | CM(-)