サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

日本人は知らずに洋楽へ誘導されていた

11715.jpg

朝の気温が少し前とは信じられないくらい涼しく、というより寒くなってきました。

昼間は良い御天気です。




NHK-FM 本放送開始15周年記念 ゲスト:吉田拓郎 加藤和彦 松本隆 1/6

★1984年3月4日放送★


日本人て知らずに洋楽に親しむように組み込まれていたんだ、という事がこの古い動画を観て感じました。

他国の若い人を虜にするには音楽、映画を利用すると良いというのは元々策略であったそうです。

NHKにはもうそんな指令が昔から出ていたのが良く分かります。


NHKFM15年前に開局して、その記念に有名ミュージシャンを集めて特別トーク番組をしてたようですが、

彼らの音楽を掛ける事なく洋楽ばっかりかかっていました。


拓郎さんが小田和正さんとどうして日本の音楽がアメリカへ受け入れられないか、というお喋りで盛り上がった話を以前していました。

小田さんは海外へ売り込む為に英語の歌も作曲したようですが。

それは、売り込みしようとしたアメリカから日本語では駄目だ、と言われたそうです。

日本にはバンバン英語の音楽をラジオに流させていて、何とも不公平な状態を当然のように日本人は受け入れていた訳です。

不公平だと二人で意見が一致していました。



特にNHKは日本全国へ放っているので、その為の一番の放送局だったと思います。


多分のこの動画の対談でも拓郎さん含め他のミュージシャンも話の区切りで偶に洋楽ばっかり流して不満に思った事でしょう。


逆に考えて、アメリカでそうそうたるミュージシャンが集まって同じようなトークの特別番組にわざわざ日本の音楽など絶対に流すことはしないでしょう。

最初はどんな曲がかかるか楽しみにしていると、かかる曲は全て洋楽だったのでガッカリでした。

6個ある内の一つの動画は何故かアメリカからは観れませんでした。


拓郎さんがラジオトークでも昔は映画もイタリア映画、フランス映画の良い映画が入ってきたのに、最近はハリウッド映画ばっかりになった、、と。

音楽、映画でどんどん日本に持ち込みじわじわとファンを増やしているのでしょう?

日本では映画館でヨーロッパの映画も公開されましたが、最近は無いという事なのでしょう。

アメリカでヨーロッパ映画を映画館で見た事は一度もありませんでした。


もっとリアルタイムで拓郎さんの音楽を聴いていれば良かったと後悔しています。

ライブにも一度ぐらい経験したかったですが。。




何年か前に加藤和彦さんの自殺のニュースには驚きました。

いつも柔和な笑みでオシャレな人という印象がありました。

拓郎さんも最初の頃は編曲、またレコーディングの仕方などを教えて貰うなど交流があって御世話になったそうです。



最後のステージだそうです。

大分前ですがご冥福をお祈りします。





Related Entries
【 2015/11/08 】 未分類 | TB(-) | CM(-)