サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

シナモンバジルの花 // 布施明さんと拓郎さん

128152.jpg

129151.jpg

シナモンバジルの花が咲くとこんな感じです。

気温が下がったのでバジルもだんだん枯れてきました。





すっかりファンブログです。

布施明さんとの事件?もANNGOLDの放送の中で初めて知りました。

デビュー初めてテレビの歌番組に出演したときの事で、

「One Halfで歌って欲しい」、と言われたそうですが、素人だったので分からずにそのまま歌っていると

布施さんに「何やってんだ・・・」など暴言を吐かれ、人前で大恥を掻いてしまったそうな。

布施さんはその番組の司会者だったそうですが、きっと[直ぐに消えてしまう新人なんだろうから。。。]という気持ちも何処かにあったんでしょう?

私だったら、きっと「One Halfはどういう事ですか?」と質問したでしょうが、その頃東京人にはコンプレックスの塊だった拓郎さんは尖っていてそのような質問をするのを躊躇してしまった?

布施さんばかりでなく、その番組のプロデューサーなどからも嫌味を言われたのも、「もうテレビは出ない」発言に繋がったのでしょう。

でも、布施さんの好きな曲はあってANNGOLDでも歌っていました。

「一度でも良いので謝罪をしてくれたら許す」という気持ちでいたようですが、全くその気配なく、大分経ってから曲作りの依頼があったそうな。

しかし、丁重にお断りをしたのだそうです。

生き方が不器用と本人も言っていますが、そんな拓郎さんだからこそ、作家としてここまでやってこれた、という見方も出来ます。

あの事件の時「絶対に負けない」、という強い闘志を燃やしたそうで、その根性で走り続けたからこそ、この世界で長く安定した地位を築けたと思います。

楽曲が好き~と言うばかりでなく、拓郎さんの生き方そのものに共感してファンを続ける人も多いような気がします。

その後番組のプロデューサーは昔ほど横柄で無くなってきたので、テレビに出るようになったそうです。


その時の曲がこちら

マークⅡ   吉田拓郎


Related Entries
【 2015/12/10 】 未分類 | TB(-) | CM(-)