サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

【旅の重さ】 // オレンジグローブマロウ

22016.jpg

アリゾナへ来て初めてこのオレンジグローブマローを見て可愛いオレンジの花で好きになりました。

裏庭に生えていたので、前庭にも移植して最初は良かったですが、短期間に物凄く増えて鬱蒼としてきたのでついに全部を撤収しました。

それからもう一年以上は過ぎているのに、いまだに前庭のその辺りに続々と新芽が伸びてきます。

雨が降ると出来るだけ根っこから抜くようにしていますが、この気候の雑草は本当に繁殖力が強烈です。

撤収する時、小さい細い木のように太かったです。写真↑も今度雨が降ったら根っこを抜こうと思います。






旅の重さ Journey into solitude 1972




拓郎が音楽を担当していたこの映画を知らずにいました。

初めて映画を見ましたが終わりの頃、「今日までそして明日から」が流れると知らずに涙が止まらなくなってしまい、こんな事は久々です。

この歌の詩がぴったりと来るので、拓郎のこの歌を選択をした監督は良いセンスです。


【旅の重さ】高橋洋子さんデビュー作!!
がとても詳しくて分かりやすいです。



ANNGで「秋吉久美子のオーディションの審査員だったけど、よいと思わなかった」と。「自分は人を見る目がない。。」とも?

高橋洋子同様、彼女も新人でこの映画に登場していますが、ほんのちょい役です。

拓郎はこの映画のための新人の審査員だったんでしょう。もしかすると映画の話もANNGでしたのかもしれません。



高橋洋子のあの長すぎる髪の毛が気になって。あのような旅に出るならなおさら鬱陶しくなって切りたくなると思うけど?


偶に昔の日本映画を観るのも良いものです。田舎の日本の風景の素朴さが何故か郷愁をそそってくれます。


拓郎も主演映画などのオファーが何度かあったようですが、下手なので断り続けたそうな。


挿入されているもう一つ拓郎の「恋の歌」はメロディーだけですが、これがまたとても良い効果を表しています。

恋の歌




Related Entries
【 2016/02/21 】 吉田拓郎 | TB(-) | CM(-)