サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

プライスレスなライオンの彫り物

2016051500301384f.jpg

朝採りが冴えない毎日です。

スイスチャードも元気なく場所によっては消えてます。

ブロッコリーの葉っぱは立派ですが、ブロックのあの固まったような部分が中々現れてきません。

向こうにさつまいもを移植しました。

トウモロコシもこんな感じに成長しています。

ナスもピーマンも発芽は元気良く何個も生えてきたのに、何だか段々消えてしまいました。

今年はグレープフルーツも一個もなっていないし、どれもこれも予定通りにいきません。



20160515003012862.jpg

次男が大学一年の時初めて手掛けたライオンの彫り物,、この石はイタリアの石でピンクっぽくまだらでとても素敵です。

その後やる気を無くして大学を休学、そして再度今度は別の専攻で大学へ入り、今のお嫁さんと知り合いました。

あの休学の最中は悶々としていたと思うけど、それほど顔には出さず、兎に角私もDVDを図書館から借りてきては自由に見せていました。自分で図書館へ行くこともなく、全て私がどんどん借りてある場所に置いておくと息子も好きな映画を自分の部屋でPCで観ていました。

私も内心心配な日々でしたが、こればっかりはどうする事も出来ません。その後、自分から大学へ入って、今度はイラストレーションをやる、、と言い出した時は、よかった~~~と思いました。

本人もこのままでは行けない、、と思ったのでしょう。

最初はアニメーションを専攻で、教授と教え方があまりに古風すぎて、先走っている息子にとっては不満だらけでもあったそうな。

休学し、イラストレーション専攻で大学へ戻って今のお嫁さんと知り合い、卒業の頃は卒業生の中からある作品でトップから2番目の賞も受賞しました。

そんな話をこの間の結婚式の後のセレモニーでお嫁さんのお母さんがみんなの前でその時の記事を見せながらスピーチしていて、

改めて、そんな才能がある息子だった、、、と誇らしく思ったものでした。

まだまだ今後どんなことが待っているか分かりませんが、とっても仲の良いあの二人、

これからも遠くから応援しています。 メールで「彼女が一緒で幸せ」。。とぬけぬけと語っています。

この息子作のライオンを眺めているとそんな過去の出来事が浮かんできたり、します。


あの二人、もし遊びに来ると、「このライオンを返して、」、なんて言われないか、、と一寸心配。。。

お嫁さんが息子に「ねえねえ、あのライオン私気に入っちゃった、、」何てことがありませんように。。




Related Entries
【 2016/05/15 】 子ども | TB(-) | CM(-)