サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

異国の丘 昭和24年

20160601002325728.jpg

パイナップルのような植物からこんなに伸びて花?が咲いていて、名前は分かりませんが、珍しい植物がまだまだアリゾナにはありそうです。



ネットには興味があって探すとそれなりに色んな情報を知る事が出来て、全部は真実では無いにしても個人の、例えば満州に関する思い出話は興味が。。やっぱり両親兄二人がその地に住んで居た、という事実があるからかも。


本を買って読まなくても十分にネットで読み物?を楽しめます。

赤塚不二夫も満州生まれで実家の長兄よりも早くに生まれていて、戦後の思い出を語っていました。

兵隊さんだけでなく、どんな日本人の若い労働が出来そうな男性はソ連の捕虜として連れていかれ、たったの6日間で数十万に上ったというのは。。

赤塚不二夫のお父さんは警察官だったそうです。

ソ連から帰って来た時は栄養失調だったと。

栄養失調の場合も浮腫むそうで、何でも食べ物を食べたがったようです。

丁度アルコール中毒のような感じになるのでしょう。


家の父もまごまごしていたら、きっとソ連に連れて行かれたかもしれません。


義父も捕虜だったようですが、やはり満州の兵隊だったのでしょう。

義父は兎に角、ソ連は嫌いだ、というような話の他は細かいことは一切話したく無かったようです。

また、ある著名人(女性)は朝鮮を横断して1年近くもかかり子供三人を抱えて引き揚げてきたそうです。


ある暴露?表現によると、不可侵条約があっても内密があり、捕虜を許していたそう。

シベリア開発をした後、日本が使える権利のため?とか何か約束があったのだと。

その為に大分経って倍賞責任の話になった時、ロシア(昔はソ連、後にロシア)は一切お金は出さず、日本政府が出したのだそうです。

そう考えれば確かにロシアはお金は出さないでしょう。


知れば知るほど何だか。。庶民は駒のように使われるだけで。


アメリカは強制収容所へ送られた日本人には確か大分経ってから賠償金を払ったようでした。


思い出話を語る著名人の中には今現在、また戦前のような雰囲気があってとても心配をしています。

異国の丘 昭和24年


↑この曲を作曲した吉田正も一瞬登場していました。

自らソ連の捕虜になっていて、その気持ちを歌にしたそうです。

マイナス20度近くは北東部で経験した事がありますが、マイナス50度とはどんな世界が想像が出来ません。
Related Entries
【 2016/06/01 】 映画 | TB(-) | CM(-)