サボテン、椰子の木、アリゾナ・ブロックハウスへようこそ!

◆お粗末ですがガーデニングが趣味!生まれて初めて買ったレコードは吉田拓郎さんの「たくろうベストコレクション」です。最近偶々過去のANNGoldを聴いて再燃してます!
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

Bill Murrayのサイン発見

20170223130640443.jpg

昨日お風呂から出た後、もし保存するとしたらアルバムかも。。

と漠然と浮かび、一冊づつパラパラとめくっていると発見しました~!!

前もパラパラとアルバムに入れてないか探しましたが、今度は丁寧に。


早速写真を撮って息子に送り、オリジナルが欲しいの?と聞くとやっぱりオリジナルが良いそうです。

スキャンするともっと明瞭にきれいなのでこれでは、どうかな?と思って送信して聞くとやっぱりオリジナルが良いと・・


この用紙の裏側にはそれを頼んでくれた先生のメッセージが。

Bill Murrayはこの先生が保管して置いてくれた息子のナーサリー時代のアートを一つ一つ見入っていた、という事が書かれていました。


もうかなりなお年なので先生は引退されたかもしれません。

まず、長男がそこのナーサリーでお世話になり、次男は近くのナーサリーにしようと軽く考えていると、全くそこの先生と上手くいかず、直ぐに止めて、長男と同じ少し遠いナーサリーに替えました。

最初から長男と同じナーサリーに通させれば良かった、と後で後悔したものです。


井戸水もその広い敷地内の井戸から調達して、きっと今でもそうでしょう。

最初に息子の絵を褒めてくれた創立者の先生は既に他界していますが、その息子さんが引き継いでいると思います。


サインを頼んでくれた先生が現役ならまた訪ねてみたくなりました。


近くのナーサリーで全く馴染めなかった次男はアメリカ人を見る目つきも変になりました。きっとかなりな意地悪をされた事が分かります。

迎えに行くと、あなたの息子さんは何を言っても聞かずに外に出ようとして困ります。

その先生にヒステリックに言われたものでした。

そんな日々の末に息子の態度は硬直し、先生への不信感も加わってまだ口に出して言えない息子は目で表現するようになったのでしょう。

これは即座に止めさせなくては、、と思い、暫く家でのんびりさせて、

長男は既にキンダーでしたが、長男が通ったナーサリーへ変更しました。

最初は先生に対してもあのきつい目つきは変わらなかったですが、創立者の先生やBill Murrayのサインを頼んでくれた先生などが温かく対応してくれたお陰で少しづつ、アメリカ人に対しての睨みつける目つき?も段々ほぐれて行きました。

あのまま無理に通させていて、キンダーへ入ったらもっと大変なことになっていたでしょう。

あのナーサリーの先生たちのお陰で次男のアートへの興味はもっと増加したような気がします。

キンダーか一年生の頃だったか、NYのある有名なミュージアムの館長さんに息子の絵を見せる為に、創立者の先生ご夫婦が車で連れて行ってくれた事もあり、息子一人の為にそんな計らいもしてくれて本当に感謝しています。

息子もその日は学校を休みました。

あれから何年経った?、、、光陰矢の如し。














Related Entries
【 2017/02/23 】 子ども | TB(-) | CM(-)