121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

出産した日の事を思い出しました!



段々朝顔の咲く数も増えてきました。何とも言えないこの色、朝、この朝顔で目が覚めるようです。





左側に赤ちゃんスイカが二個。 向こう側に中玉のスイカは枯れ木に横たわるように大きくなっていますが、どうもこれからのスイカは中玉止まりになりそうです。

実はスイカが結構あっちにもこっちにも成り出しています。全く人工受粉はしていません。





今朝の朝採り。

ズッキーニの花がまた咲いていました。3本あり、昨日とは別のズッキーニでロマネスコでないタイプです。

夜も涼しく、昼間もだんだん日が短くなって太陽に当たる時間も少なくなっているので花も真夏の頃と違って小さめな感じです。




今日のソープオペラ、出産シーンも出てきました。

一番末っ子だけアメリカで出産していますが、その時のことを思い出しました。

本当にアメリカ人はその時、大声を出していました。

あの時、実家の母が来てくれていて、ナーサリーにいる子、小学校に上がっている子、家にいる子など、本当に忙しい日々だったなぁ。。と。

母は2度目だったので、もう来る事ないだろうと結局6ヶ月も居て、その間に父もやって来ました。


あの時、プッシュ、プッシュと担当医に言われて出産し、It’s A Girl!と言われるまで産まれてくる子が男か女かも知りませんでした。

羊水を調べると異常とかも分かるようですが、今までの子に異常が無いならその必要はないですよ、と医師に言われたものです。

最初の子の時は陣痛促進剤を使い、その後は全くの自然でした。自然だと後が楽で全然違いました。


結局、3日入院していましたが、2日で退院する人もいます。担当医がバラが一本入った一輪挿しを持ってきておめでとう~!と改めて次ぎの日に駆けつけてくれ、この辺も日本とは違っています。

あれから~何年経ったのでしょう。ついつい思い出しました~

あの病院の前を通るたびに思い出していましたが、何と倒産してしまい、今は別の施設か何かになっています。

あれこれで子供たちのEmergencyの時も駆け込んだこともあった病院でした。


後悔する事は子供の世話で忙しい日々で、母の話をもっと聞いてあげる時間があまり無かったような気がします。今時間がたっぷりありますが、もう既に母はいません。




人気ブログランキングへ





Related Entries
【 2012/09/22 】 子ども | TB(0) | CM(2)
親孝行したくとも親は無し。アメリカまで来てくださるご両親、素敵な方々だったんでしょうね。子供たちも成長し、時が経つのは早いものです。
【 2012/09/23 】 編集
Re: No title

my_Strawbeery さん こんにちは。

ある知り合いはお子さんの御世話にきたお母さんがアメリカに住み着いてしまった方がいました。

【 2012/09/24 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL